建築計画の面白さ

私は高校の時から建築学科に進みたいと漠然と妄想していました。

それは今だから言語化できますが、

 

 

1.住居は間違いなく人の生活の役に立っているっていう実感

2.計画は緻密で専門性が求められることへの憧れ

3.デザインという正解のない価値を認めて欲しい(発想を認めて欲しい)

 

という3点だと思います。

 

 

 

 

大学に進み、授業でエスキスを繰り返し自分の考えをプレゼンテーションする。

他人の発表をきき、そこに問題があると捉えるのか!といつも関心していたのと同時に、建築が好きになりました。

 

就職活動もゼネコンではなく、住宅メーカーを選択しました。

それは、ゼネコンは一部の全体計画に携わるまでに非常に時間がかかること。

それに比べて住宅メーカーは若いうちからプロジェクトをいくつも任せられる。

 

 

 

と、建築一辺倒だったわけですが。

最近になってITやソフトウェアにもかなりの関心を抱くようにな理ました。

 

 

 

 

 

 

それはなぜか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と最近ずっと考えていたのですが、

なんとなく、答えが見えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学時代は建築が人の生活のソリューションとしてとても自分の中で腑に落ちていて、

建築だ!とはしゃいでいたのですが、

 

世の中には、

「人の生活を便利にしていること」

「人の悩みを解決しているもの」

がたくさんあると最近になってものすごく実感しています。

 

 

急速に進化してるのがIT。

人の生活を急速に便利している。

私はIT技術やソフトウェアを作り出すこと自体への関心というよりも、人がそれを使ってどのように生活を便利にしているのかということに大変興味があります。

これが、商材としてソフトウェアに関心を寄せる理由です。

 

 

 

 

 

ごめんなさい殴り書きです。

ただのアウトプットです。

気持ちの整理になりました

人の魅力

 

今日は若者がもっとも就職したい某IT会社のオフィスに遊びに行って来ました。

(友人が入社したためです)

 

 

ビルのフロアは広くゆとりがあって、眺望も良い。

そして、栄養満点の食べ物と飲み物が無料で、

カフェのような作業空間も用意されている。

"お店のようなオフィス”でした。

 

 

”天井が高い”

”家具と家具の感覚が広い”

”パーソナルスペースを確保できる”

”高層部”

といった空間的要素はリッチであり

心の余裕、企業の活気を感じました。

 

 

 

ですが、それ以上に私が思った印象は、

”人”です。

 

 

空間を使いこなす”人”が空間の要素以上に

インテリアとなっていて空間としての価値を相乗していました。

 

それは外国人が多かったり、

服装が清潔だったり、

知的な会話が聞こえて来たり、

と”知的”で”多様”で”開放”な社風にとても魅力を感じてしまいました。

 

 

 

何故そう感じたのかは自分の価値観を反映したような感覚であり、

”知的であること”

”多様的であること”

”開放(外交)的であること”

が自分の価値観や欲求を満たすと再認識しました。

 

 

 

「隣の芝は青く見える」

と言われてしまいますが、

何故青く見えるのかという考察は

本質的な自分の価値観の再認識に繋がりました。

 

 

 

私もポリシーやビジョンを強く持って

行動したいと思いました。

私の友人に大感謝です。

 

 

知的な人たちと触れ合えただけで、

こんなにも幸福感に満たされるなんて....笑

エリートへの憧れは耐えません。

 

 

 

 

「私もガリ勉します。」

と明日の学びへの意欲を向上させた一日でした。

 

"管理"という難しさ

2週間ぶりの投稿となってしまいました。

"継続は力なり"という言葉を聞くと胸が痛いですが、

書きたいという気持ちは依然として存在していたので投稿します(笑)

 

 

今日は"管理"という文言と向き合いたい。

マネジメントといえばかっこよく聞こえますが、この言葉にとても苦しんだ入社一年目の思いを混ぜながら書き記します。

 

私は入社して1年間、

分譲住宅の現場監督をしてました。

入社3ヶ月のOJTを終えて、経験も知識も浅いまま1つの建設プロジェクトを任されました。

早々と下請け工務店のベテラン主任2人と職人さん20人を抱え、

建設"管理"(品質管理、納期管理、コスト管理、安全管理)を任されたのです。

(新人にすぐ着任させる会社システムは素晴らしい)

 

 

設計から引き継いだ設計図面を元にして建設していくのですが、

私が怒られる事のほとんどは計画段階での事でした。

設計図面指示漏れ、部材手配漏れ、発注漏れ、お施主様打ち合わせ不足による変更等々.....。

「それ、俺のミスじゃないんだけど」と思いながら職人さんの怒号をもらってました。

職人さんが怒るのは当然ですが、私からすると営業担当者、設計担当者、部材発注担当者、積算発注担当者のミスでしょ...と。

 

こんなことが続くので、他責思考に陥り、

この鬱憤を上司に相談すると、

「それを管理するのがお前の仕事だ」

と言われたわけです。

 

 

"管理するのが仕事"

 

 

 

ここで初めて、"管理"と向き合いました。

幸いにも生産チームのマネジメントHOWTO本は世にありふれていて、

たくさんのヒントをそこから得ることはできましたが

抽象度を上げて言うと、

目標を達成するために、未来を予期してミスを防ぎ、結果を評価する

と言うのが本質的だなと思いました。

 

ここで2つ分類して考えたいと思います。

 

 

 

1,「未来を予期してミスを防ぐ」

「未来を予期する」には知識や経験が必要不可欠です。

経験不足と言われるのは「未来を予期する能力」に関して不足していると言っていいと思います。

"何が起こりそうか"と言う目処をたてそのために”どんな準備が必要か”を検討するのです。

 

昔の農耕民族はまさにこの未来を予期することで成長したと言われています。

狩猟民族から農耕民族へ移り変わり、農耕は天候に左右されるので、様々な施策を考案しました。また、狩猟民族に折角育てた農作物を奪われてしまうので、壁を建てたり、見張りを置いたりして、農村を大きくしました。

 

まさに"この未来を予知する能力"が、人の思考を動かし成長へと繋がるのだと確信した時にはこの職業は有意義だなと正当化することができました。笑

 

ではどのようにしたらこの未来を予期する能力は付くのかなぁ。

そう考えた結果、2点。

⑴知識は勉強で獲得できる。

⑵経験は勉強では獲得できない。けど、先輩のアドバイスや書籍から学ぶことができる。

 

これを理解した上で、さらに"経験”を積んでいけばいいのです。

 

 

 

 

 

2.「結果を評価する」

これは建築でいうと、品質がとてもわかりやすい。

ミスは未然に予想しましたが、結果的に品質が基準値に至らなかった場合、

それに対して対策をうたなければいけません。

 

品質基準に達していないものは是正させなければなりません。

ですが、物作りに置いては是正は"破壊"することと直結しています。

(壁が曲がっていたら壁紙も剥がして壁も壊して建て直すように)

”納期”にも"コスト"にも影響が出ます。

 

この時点で"管理不足"と評価されてしまいます。

この品質のミスを⑴で予想できていれば....となります。

 

なので、もし起こってしまっても

その結果を評価し、"経験"と"知識”に変換する必要があるのです。

その際、よく使われている手法が5W1H手法です。

これでミスの原因の因数分解を行い、その次なる⑴に活かしていく。

 

もちろんミスがそんなに許されるわけではありませんが、

事故でも事件でも自分の能力をあげてると思ってモチベーションをあげていくのが大切だと思いました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

今回は大事だと思った2点をあげましたが、

何より自分を管理することが何よりも大切です。笑

その上では"目標"が定まらないと予期する未来もクソもないな、と思いました。

 

 

未熟ながら書かせていただきました。

ご一読ありがとうございました。

平成30年度。書いちゃいます。

初めまして。

松本と申します。

 

開設した理由は下の方に記載しようと思いますが、

簡単なプロフィールを書かせていただきます。

・24歳(93年生まれ)

・サラリーマン(社会人2年目終了)

・建築計画、開発

もしこのブログの発言で不快にさせてしまったら申し訳ございません。

思ったことを赤裸々に書こうと思っています!

ので、ご愛嬌いただければ、是非今後ともよろしくお願いします。

 

 

開設した理由は以下2点です。

ⅰ.社会から逃げたくなった僕の鬱憤をぶちまけるため。

ⅱ.僕の文章能力の向上、知識の整理のため(←もはや三つ目)

です。

 

 

ⅰ.鬱憤ばらし

社会人2年目が終了した現在、社会の厳しさを感じてます。

何より最近思っていることがあります。

仕事の中で判断を下す時、”本音と建前”と言う”社会の不合理”に頭を悩まされます。

CSR、社是とは交わることのない経営目標。

本来の会社としての目的は、もはや持続可能な経営のために売り上げを叩き出すことに必死になっています。

もちろん、会社経営が成り立たない時点で元も子もないのは承知してます。

私の業界は”ものづくり”。

”作り手”側は、納期短縮、品質確保、工賃削減、コンプライアンス遵守と現場は益々ストレスが蔓延しております。

その鬱憤をこのブログに書こうと思ったわけです。笑

 

ⅱ.文章能力の向上、知識の整理のため

僕はいわゆる"勉強大好き子"です。

この時点でだいぶ気持ち悪いのですが、

人間社会に興味があります。

社会学、経済学、哲学、心理学と....

勉強や読書、経験で学んだ知識の点を繋げる方法は文章を起こして線にすることだと思ったからです。

文章に起こすためには文脈を繋がなければいけません。前後を合致させなければいけません。

”書く”ことが知識の前後関係を繋いだり、

同類を纏めたり、

対立を考えたりすることに繋がるはず!!!

と勝手に思ったのでブログを書きます。

(共感者募る)

 

 

ここまで読んでお気づきだと思いますが、

文章を書くことは下手です。笑

見てる方が読んでて楽しいと思えるようなレベルまで上げられたらいいナァァァァと....。

 

 

そんな感じで書いていきます。

ありがとうございました。